髪のアンチエイジング!白髪染めについて考えてみよう!

白髪もない美しい髪に

髪や頭皮に負担をかけない白髪染めの方法髪や頭皮について色々な悩みがあると思います。アンチエイジングケアで抜け毛、白髪は女性も気にする方が多いでしょう。今回、まずは染めれば見た目がかなり若くなる白髪染めの使い方から考えて見たいと思います。

知らなきゃ損!美髪の人は実行してる、髪や頭皮に負担をかけない白髪染め法

白髪が目立ってくると、「私も老けたな」なんて思って気分も落ち込んでしまいがちです。見た目も老けて見えるので、どうにかしようと白髪染めを定期的に使っているという人もたくさんいます。
白髪染めは簡単に白髪を目立たなくすることができて便利ですが、なぜか白髪染めを使っていくうちに髪質が変わってしまったり、薄毛や抜け毛といった頭皮トラブルを引き起こすようになってきてしまいます。例え抜け毛はないにしても「白髪染めを使う前に比べたらだいぶ髪が傷んでしまったな」と感じることがあるのではないでしょうか。
実はこれ、白髪染めの薬剤によって頭皮がダメージを受け続けているからなんです。

白髪染めを使うと髪が傷んだり抜け毛が増えるのは薬剤による影響である

白髪染めを頭皮に直接つけている感覚はなくても、実は頭皮についてしまっていることも多いです。白髪染めの成分が頭皮に付着すると、頭皮に埋まっていて髪を育てる重要な役割を持っている毛根にもダメージを与えてしまうのです。
ダメージを受けた毛根はきちんと機能しなくなり、健康な髪を作り出すことができなくなってしまいます。中には十分に成長しないまま抜け落ちてしまうことも。
知らないうちに少しずつダメージは蓄積されていくので、気が付いた頃には症状がかなり進行していたなんてこともよくある話なのです。
そのため白髪染めによるダメージを減らすのであれば、頭皮に負担の大きい成分が使われている白髪染めを避けなければいけません。

ダメージの少ない白髪染めを選ぼう

毛根を傷めないためには、白髪染めの成分に注目してみましょう。白髪染めによって毛根が傷んでしまうのは白髪染めに含まれる薬剤やその成分によるものです。
つまり、頭皮や髪には優しい成分を使った白髪染めを選ぶことが大事なのです。負担の少ない白髪染めを選ぶことで、頭皮や髪にダメージが与えられることが防げます。つまり毛根も傷めずに白髪を染めることが可能になるのです。
市販の白髪染めは化学物質をたくさん使っていて、頭皮や髪への負担も大きいものが多いですが、白髪染めのシャンプーや白髪染めトリートメントは天然由来の染料を使っているほか、頭皮の栄養ともなる成分が豊富に含まれているものが多いので毛根を傷める心配もありません。

ついついやってしまいがちな白髪染めのやり方

どんなに頭皮への負担が少ない白髪染めを使っていても、その使い方に問題がある場合は毛根を傷めてしまいます。
特に、天然由来の染料を使った白髪染めはどうしても染まりが悪いと感じられることもあります。そのため濃く染めたいという気持ちが先行して、十分に洗い流さなかったり放置時間をかなり長めにしてしまった場合は頭皮環境も悪化し、結果的には毛根にダメージを与えてしまうことに繋がります。
白髪がきちんと染らなければ白髪染めではない!という気持ちはわかりますが、白髪染めにも種類によって限界があるということを理解しましょう。

毛根を傷めないためには、白髪染めの塗り方も重要

白髪染めを使うとき、どこから塗っていきますか?白髪が気になる部分から塗るのはいいのですが、根元だけでなく頭皮にべったりとつけながら伸ばしていくのはあまりよくありません。根元もしっかりと染めたいという気持ちはわかりますが、頭皮につけてしまうようなことは避けたほうが無難です。根元の部分にたっぷりとつけていくのはいいのですが、髪全体になじませるのは最後でもかまいませんが、染める色によっては注意も必要です。
白髪染めは温度が高ければそれだけ染まりやすくなってしまいます。塗り始めたところからよく染まるだけでなく、頭皮に近い場所も染まりやすい傾向があります。色ムラを防ぐためには、頭皮から遠いところから塗るという人もいるのです。
白髪が気になる髪と、髪全体の中心?毛先ぐらいを塗ってから、髪全体や根元に馴染ませたら白髪が気になるところをもう一度塗る、という方法だとムラなくきれいに染めることができます。
また、染まりを良くするために髪全体になじませてからラップで包み、ホットタオルを乗せて全体の温度を上げるのも効果的ですよ。肌に優しい白髪染めといえば、染まりが悪いという意見も目立ちますが、染め方次第では特に白髪だけが目立つこともなく自然な感じに染めることができるのです。

正しい使用法を守るのはとても大事

日頃からヘアサロンなり市販のものなり、定期的に白髪染めをしているという人は多いと思います。
ヘアサロンでやるのならまだ心配はないものの、市販のものを自分で使って染めているという場合は正しい使用法をきちんと守ることが毛根へダメージを与えない使い方の第一歩。もちろん頭皮や髪への負担が少ない白髪染めを選ぶことも大事ですが、間違った使い方で毛根を傷めてしまっている人が本当に多いのです。
パッケージ通りの使用法を守るだけでもダメージのリスクはかなり軽減できるはず。さらに、刺激の少ない染料を使えば毛根へのダメージは極力最小限に抑えて白髪を染めることができます。
毛根にダメージが加わると白髪が増える原因にも繋がります。定期的な白髪染めの回数そのものを減らすためにも、負担のかかるような白髪染めの使い方だけは避けたいところですね。